口腔外科専門医 はじめ歯科医院 中村橋練馬区 日本歯科大学新潟病院口腔外科臨床講師 日本口腔外科学会専門医

むし歯の治療後に痛みが残ることありませんか?

日本口腔顔面痛学会主催の「神経障害性疼痛関連歯科学会合同シンポジウム2022WEB」を聴講しました。

神経障害性疼痛とは、むし歯が深く歯の神経の治療を行ったり抜歯をいた場合、処置後に痛みが残る場合があります。
このような痛みの一部を神経障害性疼痛もしくは幻歯痛といわれています。

ある口腔顔面痛みセンターでは、神経の治療後の受診症例割合、抜歯後の受診症例割合は、それぞれ全体の7.9%、1.6%とのことでした。
双方ともに処置後の痛みが残存する割合は決して低くなく、早期に診断し適切な処置を行うことが肝要と思われます。

神経障害性疼痛関連歯科学会合同シンポジウム2022WEB

pagetop